Haphazard Records 所属アーティストプロフィール

【George Nishiyama】
Haphazard Records主宰 自身の楽曲を世界に知らしめるためにインディーズレーベルを立ち上げ7枚のシングルと4枚のアルバムをリリース。
活動歴:80年代前後からいくつものリーダーバンドで活動 90年代後半から消息をくらまし普通の人を装い2014年よりソロとしてweb上で活動再開。
中学生から作詞作曲を始め、シニカルな英詞と洋楽を意識したオルタナティブな楽曲が特徴。
使用楽器:ストラトキャスター、ムスタング、SG,Warwick 等
得意技:料理、掃除洗濯、家事一般。

【Virtual banquet】
George Nishiyamaと関西切ってのファンキーファンシーベーシスト萩原吉之助とのユニット。
2020年より活動、3枚のシングルと1枚のアルバムをリリース。
楽曲はGeorge Nishiyamaによるものだが、無国籍多国籍風のカテゴリにとらわれないテイストが信条。
*【萩原吉之助】プロフィール 生年月日 1963年9月21日 永遠の27歳 出身地は神戸 若い時は京都で活躍? 趣味 アニメ鑑賞 アニソン鑑賞 ベース歴 けいおん!を見てベースを始めました(SNS上ではそういう設定)本当は45年位 ひとこと ベースに関しては特筆することはないただの底辺ベース弾きです。 virtual banquetは兎に角カッコいいので沢山のいろんな人に聞いてほしいでーす。ジャンルというやつにカテゴライズされない音楽なので全方位バッチオッケーですよ! 楽器単体ではなく楽曲がかっこよくなるベースラインを目指してます(ベースだから当たり前か)が判断するのはあなた次第だよーん